7歳5歳3歳の七五三お参りに関する疑問や体験談

男の子は5歳じゃないの?いつやるのが正しい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

七五三 男の子はいつやるの?

今年もだんだん七五三シーズンが近づいてきました。
私には4歳の娘が一人いて去年3歳のお祝いを済ませたばかりなのですが、
ずいぶん過去の出来事のように思えます。

着物や写真スタジオの手配に子の体調管理、
親族のスケジュール調整など大変だったはずなのに、
残っているのは娘の晴れ姿の思い出と素敵な写真ばかり。

男の子は5歳じゃないの?

 

娘と同い年の男の子を持つママ友に
「男の子は来年5歳のお祝いがあるよね、準備大変だと思うけど頑張って!」
と先輩風を吹かせてみたところ
「うち、3歳の時にお祝いもうやったんだ」と言われビックリ!

あれ、男の子の七五三っていつやるんだっけ。…5歳じゃないの?

ともあれ息子さんの七五三の写真を見せてもらうと、
3歳の男の子が可愛いスーツ姿に身を包んで
ちゃんとポーズをとっている姿にメロメロ。

3歳の時にお祝いもうやったんだ

 

ママ友によると、3歳のお祝いをしようと言ったのはご主人のお母様だそうです。

もしかすると、男の子の七五三のお祝いをいつやるのかは
「地域や世代により常識が異なるのかしら?」と焦ったママ友は、
誰かに相談する暇もなく慌てて段取りしたのだとか。

結局私もママ友も「男の子の七五三って5歳だけじゃないの?」
という疑問を持ったままだったのですが、
せっかくの機会なのでしっかり調べてみることにしました。




 

七五三の基礎知識

早速ウィキペディアで七五三について調べてみたところ、
ちゃんと各年齢でのお祝いの意味が記してありました。

3歳…『数え年3歳(満年齢2歳になる年)を「髪置きの儀」とし、主に女の子が行う(男の子が行う例もある)。
江戸時代は、3歳までは髪を剃る習慣があったため、それを終了する儀。』

5歳…『数え年5歳(満年齢4歳になる年)を「袴儀」とし、男の子が行う。男子が袴を着用し始める儀。』

7歳…『数え年7歳(満年齢6歳になる年)を「帯解きの儀」とし、女の子が行う。女子が幅の広い大人と同じ帯を結び始める儀。』

引用元:wiki 七五三

上記を見る限りでは、
5歳は男の子のみ、 7歳は女の子のみ行う、
というのがハッキリ決まっているようです。

ただ、3歳に関する記述は妙にあいまいですね。
「男の子が行う例もある」と書いてありますが、
どういう場合に男の子が行うんでしょうか?

※補足…ウィキペディアでは数え年3・5・7歳で
それぞれのお祝いを行うと書いてありますが、
満年齢3・5・7歳で行っても大丈夫だそうです。

我が家の最寄の神社によると、
現代では満年齢を基準にして行う家庭が多くなったとのことでした。

 

 

 

髪置きの儀とは?

「かみおきのぎ」と読みます。江戸時代の習慣から来ているようですが、
どうやら3歳までは男女問わず髪の毛を剃って丸坊主で過ごしていたそうなのです。

昔は気軽にシャンプーもできないだろうし剃った方が楽だったんでしょう。
私も娘の髪の毛を洗うのが凄く大変だし。…と思ったのですが
ちゃんと髪の毛を剃っていたのにも理由があるのだとか。

1.子どもの髪の毛は穢れた物とされていた
2.頭髪から病等が入ってくると考えられていた
3.シラミ・皮膚病を防ぐ目的

ざっと調べてみたところ、この3点程が考えられる理由のようです。

これらを見ていると、
やはり子どもの髪の毛を清潔に保つのが難しかった時代、
皮膚病等にかかるとそのまま他の大病にも発展しやすかったのでしょう。

3歳の「髪置きの儀」では男女とも丸坊主をやめ髪の毛を伸ばし始めたということは、やっぱり江戸時代の子どもも2歳過ぎあたりまではイヤイヤ期で、髪の毛も大人しく洗わせてくれないぐらいヤンチャだったという事でしょうか?
少し親近感が沸きますね…^^。

しかし、江戸時代までさかのぼって考えてみても髪置きの儀は男女共通。

それがなぜ現代では「主に女の子が行う」「男の子が行う例もある」と変化したのか、次はそちらの理由を調べてみたいと思います。

 

 

 

男の子は病気をしやすい?

現代でも女の子の方が身体が丈夫で育てやすいとは言いますが、
江戸時代でも同じように考えられていたようです。

髪置きの儀をお祝いするのは男女共通なのですが、
着物を着たり紅をさしたりしたのは女の子のみ。

男の子は病気などの都合で育てにくかったようで、
5歳になってから袴をはいてお祝いしたとのことです。

また、徳川綱吉が5歳のころ11月15日に神社で健康祈願したことも、
現代の七五三に少なからず影響していると考えられます。

何にせよ伝わってくるのは「男の子もできるのなら3歳の成長をお祝いしたい」
ということですね。

 

 

 

結局、男の子の七五三はいつやるのが正しい?

ここまでで結論はほぼ出ましたね。

「お祝いできる環境であれば3歳も祝っちゃいましょう」
という感じでしょうか。

そういえば最近では3歳前後であれば男女問わず、
写真スタジオや神社からキャンペーンや営業のDMが届くことが多いですね。

DMが目に入った時にお祝いしたい気持ちや環境が揃っているのであれば、
男の子であろうと3歳のお祝いをやっちゃっても良いと思いますよ。

現代では昔のような厳かな雰囲気ではなくお祭りムードな七五三ですが、
子どもの成長を祝ったりこれからの健康を祈ったりする気持ちは、
江戸時代から変わらない気がします。

子育てに追われる毎日ですが、
子どもの成長を実感できるこういう節目は大切にしていきたいですね!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。