7歳5歳3歳の七五三お参りに関する疑問や体験談

2018年いつお参りする?早生まれの3/5/7歳は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

七五三2018 3歳5歳7歳のお参りははいつ?

お七夜、お宮参り、お食い初め、初正月に初節句…
子どもが産まれてからというもの、慣れない行事が多くてホント大変ですよね。

泣く子をあやしたり、必死で寝かしつけたりしながら
空いた時間に下調べして準備して、、
お祝い当日にはヘトヘトになってるママさんも多いのではないでしょうか。
本当にお疲れ様です。

でも、ついに七五三!子どものお祝い行事まであと少しですよ~!

七五三ではお子さんがここまで無事成長したことに感謝し、
さらに健康的で幸せな人生を歩めるようしっかり祈願しましょう。

早生まれの子供の七五三はいつ?

ただ、七五三のお祝いについて少し疑問をお持ちの方もいる様子^^;

「七五三っていつお参りすればいいの?」とか、
「うちの子は早生まれなんだけど…どっちでやるの?」

今日はこんなお悩みにお答えしていきたいと思います^^




 

まず確認!性別によってお祝いする歳が違います。

★3歳…男児・女児
★5歳…男児のみ
★7歳…女児のみ

男の子は5歳のお祝いが有名ですが、3歳のお祝いもあります。

ただ、家庭や地域によって、
男の子の3歳のお祝いはやらないという方も多いようです。
どうしようか迷う方は、お爺ちゃんお婆ちゃんに相談してみて下さい。

 

 

早生まれの子供の七五三はどっちでやるの?

良く耳にするが、早生まれの子はどうなるのか?

早生まれとは…1月1日~4月1日が誕生日にあたる人で、
極端な話をすると、前年の4月2日に生まれた子供さんと、
今年4月1日に生まれた子は、学校の学年では同級生になります。
実際には1年違ってきますけど…

 

ただ、これについては早生まれだから…と考えるよりも、
満年齢でお祝いするか、数え年でお祝いするか、と考えた方が正解です。

●満年齢…誕生日を迎えるたびに歳をとる。
普段の生活ではこちらの考えなのでわかりやすいです。
産まれてから1年経ち、1回目のお誕生日を迎えると1歳ですよね。

●数え年…産まれた瞬間に1歳で、その後お正月を迎えるたびに歳をとる。
12月31日23時59分に産まれた赤ちゃんは既に1歳で、
その1分後である1月1日0時0分にいきなり2歳になります。

で結論なんですが…

『七五三は満年齢・数え年どちらでお祝いしてもオッケー』です。

 

本来は数え年でお祝いしていたのですが、
現在では満年齢を基準として考える方が多くなったそうですよ。

お子さんの体調やトイレトレーニングの進み具合、
ご家族の都合でどちらにするか決めても問題ないようです。

 

2018年の七五三でお祝いする子の生まれ年

7歳(女児)…数え年:2012年(平成24年)生まれ
満年齢:2011年(平成23年)生まれ

5歳(男児)…数え年:2014年(平成26年)生まれ
満年齢:2013年(平成25年)生まれ

3歳(男女)…数え年:2016年(平成28年)生まれ
満年齢:2015年(平成27年)生まれ

 

 

 

七五三のお参りは11月15日だけ?

本来は天気や曜日、六曜(大安・仏滅等)に関わらず、
11月15日に参拝を行っていたと言いますが、
現代では11月15日の前後にお参りにいっても大丈夫なようです。

できれば天気の良い日や大安を選びたいところですね。

 

2018年10月・11月の六曜カレンダー

ご覧の通り2018年の11月15日は木曜日で大安!
平日休みがとれるのであればお参りにはベストですね。
だからこそ激混みが予想されますが…^^;

また11月15日前後の大安は、11/9の金曜日、11/21が水曜日になります。

こちらも平日で、15日よりは混雑も避けられると思いますし、
過去3年間の天気でも雨が降った日は無く、お参り日和です^^

 

土日祝に的を絞って考えると10月後半から混み始めるところが多いです。
参拝客が土日祝に集中してしまうのは仕方の無いことですね…。

絶対に空いている方が良いという方であれば、
思い切って10月前半もしくは11月後半にお参りする決断を。

ちなみに我が家の近所の神社では、
10月1日~11月30日まで七五三詣の受付をしているとの事でしたが、
それぞれの神社によって受付期間に差があるようです。

一度訪れる予定の神社へ電話、もしくはホームページで確認してみて下さい。

 

 

 

お参りの日程がある程度決まったら…

ここまでで七五三に関する「いつ?」の悩みは解消されましたか?

参拝の日取りが決まれば、親族のスケジュール合わせや着物のレンタル、
写真スタジオ予約等も予定がたてやすいのではないでしょうか。

最近では、写真スタジオが5月頃から行っている早撮りサービスがあったり、
撮影した方は参拝当日着物が無料レンタルできるサービスもあったりするので、
早めに予約すると後がとってもラクになります。

まだまだやらなくてはならない事も多くて心休まる時が無いかもしれませんが、
七五三詣の当日にはお子様の成長を純粋にお祝いしましょう♪

関連記事

    • masumim
    • 2016年 7月 22日

    子供が生まれてからはいろいろと忙しい日々に追われていましたが、やっとある程度親も子供もお互いの存在に慣れた?というところで「七五三のお祝い」がやってくる、という感覚でした。いままでぼんやりしていた七五三についての疑問がこちらのブログですっきりしました。ありがとうございます。

    • tamago
    • 2016年 7月 25日

    七五三のお祝いは男女の性別によって祝う歳が違うというのは初めて知りました。子供の頃自分も経験したはずの行事なのに、意外とちゃんとした知識は知らないものですね。この記事を拝見して、七五三の行事への理解が深まりました!

    • sakana
    • 2016年 10月 04日

    七五三というと11月15日付近に行わなければいけないものというイメージがありましたが、10月でも良いということは初めて知りました。混雑を避けるためには日にちを早めにしておくのも良いかもしれませんね。知ることができて良かったです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。