7歳5歳3歳の七五三お参りに関する疑問や体験談

七五三!お祝い相場や親や兄弟へのお返しはどうしたら良い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

七五三お返し 兄・親

小さいお子さんがおられるご家族にとって、
1年の内のもっと大きな年中行事の一つが七五三ではないでしょうか。

言うまでもなく、七五三は、
3歳、5歳、7歳の男の子、女の子の健やかな成長を祈願する日本の風習で、
一般的には、3歳の男女、5歳の男子、7歳の女子のお祝いをします。

実は、兄の長男が3歳になるので、今年の秋は七五三参りに行くとのことです。
お目出度事で喜ばしい…、と同時にそのお祝いも気になる点です^^;

七五三!お祝い相場や親や兄弟へのお返しはどうしたら良い

また、私と逆の立場で、兄弟や親からお祝いをいただいた場合のお返し。
こちらが気になる方もいらっしゃいますよね。
特に義父母や義兄弟の場合は、身内といえどマナーは抑えておきたいところ。

そこで今回は、御礼をする側、お返しをする双方の立場で、
金額の相場やマナー、お祝い品の選び方などについて調べました。

私と同じような立場の人も是非参考にしてくださいね。




 

七五三のお祝い金額の相場は?

それでは早速、七五三のお祝い金額の相場について見ていきましょう。

祖父母:10.000円~50.000円
親戚:5.000円~10.000円
知人:3.000円~5.000円

品物を贈る場合でも相場は同じです。

贈り主が祖父母の場合、七五三での晴れ着一式やそれに相当する現金、
レンタル衣装代や写真代を贈ることが多いようです。

また、親戚や知人などの場合は、
その家族との日頃からの親密度から判断するのがいいでしょう。
(義)兄弟の場合も5.000円~10.000円というところですね。

兄弟の場合も5.000円~10.000円というところですね。

例えば、血縁関係が遠い場合でも、近隣に住んでいて、
日常的なお付き合いがある方はそれなりの金額を贈るのが自然ですし、
逆に、血縁関係が比較的近くても、殆どお付き合いがない場合は、
お祝いなどは一切しないということもありえます。

金額の相場などについては、贈る相手の家族との関係の深さによって変わる、
そう考えていいでしょう。

また、祖父母はもちろん、親族との連絡が取りあえる場合は、
予め相談して額を決めるのがいいと思います。

 

 

お祝い金の贈り方は?

それでは、お祝い金を贈る場合、どのようなマナーがあるのか見ていきましょう。

 

ご祝儀袋

ご祝儀袋には様々な種類がありますが、
七五三のお祝いの場合は、紅白ののしが付いたものを使います。

また、包む金額に応じて、ご祝儀袋の内容も考慮する必要があります。
金額が少ないにも拘らず、ご祝儀袋だけは豪華というのはマナーに反しています。

目安として、金額が五万円未満なら、水引やのしが印刷されたもので構いません。

お祝い金の贈り方は?

また、1万円以上3万円未満の場合は、水引が帯で結ばれたものを、
3万円を超える場合は、少し大きめのご祝儀袋で、金銀の水引のものがいいでしょう。

 

ご祝儀袋の表書きは?

七五三のお祝い金のご祝儀袋には、次のように表書きをするのが一般的です。

全年齢共通:七五三御祝、祝七五三
3歳:賀御髪置または御髪置御祝
5歳:賀御袴着または御袴着御祝
7歳:賀御帯解または御帯解御祝

同じ七五三のお祝いと言っても、年齢によって表書きの表現は変わってきます。
マナーの一つとして注意しておきましょう。

 

 

七五三のお祝いを品物で送る場合は?

お金でお祝いをする場合もそうでしたが、
ものを贈る場合は、特に贈る者同士の事前の調整が不可欠です。
他の人とダブってしまうリスクがあるからです。

贈る相手の家族が既に持っているものを贈っても仕方がないので、
贈る相手の家族とも、忌憚なくお話をしてから品物を決めた方がいいでしょう。

 

七五三のお祝いにはどんな品物がいい?

それでは、七五三のお祝いに品物を贈る場合、
どのようなものを選べばよいのか見ていきましょう。

七五三のお祝いの定番!

扇や草履、かんざしなど、七五三で使うものが定番の品物です。但し、最近は、早撮りの特典やレンタル衣装に含まれている場合が多いので、事前に確認したほうがいいでしょう。

男女問わず喜ばれる品物は?

七五三の定番のお祝い以外でも、おもちゃや本、カタログギフトなどは男女を問わず喜ばれる品物でしょう。但し、おもちゃや本などは、ご家族の教育方針などとの兼ね合いもあるので、やはり事前に相談しておく方がいいと思います。




 

お祝いをもらった場合のお返しは?

それでは、お祝いをもらった側は、どのようにお返しをすればいいのでしょうか。

結論から言うと、七五三のお祝いは「子供がもらうもの」なので、
原則としてはお返しをする必要はありません。

但し、高額のお祝いをもらった場合などについては、
内祝いを贈るケースも増えてきていますので、
その際に気を付けるべきマナーなどについてご紹介します。

 

いくら位お返しするのが相場?

まず、お返しをする場合の相場についてですが、
出産祝いや結婚祝いの内祝い同様、頂いた金額の3分の1~半額が相場です。
この金額の範囲の内祝いを贈るようにしましょう。

お返しをする時期は?

次に、お返しをする時期についてですが、お祝いをもらってから1~2週間以内に、可能な限り早く贈るのが原則です。すぐにお返しができそうにない場合は、電話などでお礼をしておくようにしましょう。

どんな品物を選べばいいの?

七五三の内祝いの定番としては、千歳飴、赤飯、菓子、日用品などが挙げられます。
特に、千歳飴や赤飯は、昔から、健康長寿など縁起の良い品物として、七五三の内祝いとして使われてきています。菓子や日用品は、相手の好みなどに応じて贈るようにしましょう。

内祝いののしの書き方は?

のしを添えるときは、紅白の蝶結びののし紙を使います。子供のお祝いは何度祝っても良いとされているので、何度でも結び直せる蝶結びにするという習わしがあるからです。
のし紙の上段に「内祝」または「七五三内祝」と、下段には子供の名前を書きます。名字を書く必要はありません。

 

 

いかがでしたでしょうか。

以上、今回は、七五三のお祝いについて、金額の相場やマナー、
お祝い品の選び方、さらには、お祝いに対しるお返しなどについてご紹介しました。

調べていて改めて感じたのは、七五三という日本独自の風習が、
今なお継続されていることの意味や意義についてです。
知らない事ばかりでしたので、私自身もとても勉強になりました。

いつの時代においても、子どもはかけがえのない存在です。
そんな子どもの健やかな成長を、
親はもちろん、周囲の人間が温かく見守ることの大切さ、
そんな気持ちをお祝いに、またお返しに込めたいものです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。